ひめかわのブログ

スーパードラゴンボールヒーローズ、ドッカンバトル、Fate/Grand Orderについて書いていこうと思います。

【ドラゴンボールZ】超激戦 歴史の狭間の超覚醒 をやってみた【ドッカンバトル】

どうもこんばんは、今はセイレムの幼女がとても欲しいひめかわです。

 f:id:yumajunsa:20171130193512j:image

かわいい。

 

今回は新しく追加された超激戦、「歴史の狭間の超覚醒」super2をやってみたので、その感想となります。

f:id:yumajunsa:20171130181758p:image

 

今回使ったパーティはこちら!

f:id:yumajunsa:20171130181842p:image

超体パーティです。

私のss3ゴテンクス…被りなし解放

ベジットブルー…3凸、連撃11、会心15

フレンドのss3ゴテンクス…連撃8、会心9

 フレンドのゴテンクス+ベジットブルー&自分のss3ゴテンクス+ss1ゴテンクス

で回していきます。

やっぱ被りって欲しいですよね…

 

今回はATK低下無効+ダメージ軽減+最後にやべーダメージの敵がいるため、必殺封じを多めに入れています。

f:id:yumajunsa:20171130182431j:image

 

f:id:yumajunsa:20171130182649p:image

イベントで大活躍のラディッツをハブるパパ

〜ラウンド1〜

 f:id:yumajunsa:20171130182738p:image

前座です。技属性です。スクショ忘れました。必殺は5万くらいいれてるのでちょっとだけ注意が必要かもしれません。

 

〜ラウンド2〜

f:id:yumajunsa:20171130182838p:image

ここもスクショ忘れですが前座程度なので…。体属性です。

相手の必殺技には必殺封じの効果があるため、若干注意が必要かもしれませんね。

 

〜ラウンド3〜

f:id:yumajunsa:20171130183040p:image 

 ここから本番です。力属性です。

f:id:yumajunsa:20171130183140p:image

ハイヤードラゴンを使って30000くらい。

f:id:yumajunsa:20171130183230p:image

閻魔まで使えばさすがに効きません。

 

〜ラウンド4〜

f:id:yumajunsa:20171130183329p:imagef:id:yumajunsa:20171130183339p:image

ここが一番の山場です。知属性です。

f:id:yumajunsa:20171130183426p:image

アイテムなしで受けて15000ぐらい。体属性でいけば楽チンですね。

さーて、最後はトランクスやゴールデンフリーザ(生きてる)の最後みたいに、ゲージ1本だろうなぁ…w

 

〜ラウンド5〜

f:id:yumajunsa:20171130183628p:imagef:id:yumajunsa:20171130183650p:imagef:id:yumajunsa:20171130183737j:image

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!

知属性の超激戦かと思ったら

速属性の超激戦だった…

何を言ってるかわからねーと思うが私も何をされたのかわからなかった…

 

ということです最後もガチガチ勝負。速属性です。

必殺封じ多めでよかった…

f:id:yumajunsa:20171130183959p:image

ハイヤードラゴンを使って5000ぐらい。でも手数がすごいです。

f:id:yumajunsa:20171130184053p:image

 最後にはびっくりしましたが、難なくクリア。

f:id:yumajunsa:20171130192632p:image

スクショは忘れたので2回目クリアのものです。

初見の時使ったアイテムは仙豆×1、ハイヤードラゴン×2、閻魔×1でした。

 

感想としては、この先も

「フェス限は知属性だけど最終ステージは速属性だよ!」

みたいなのが作られるのかなって事が気になります。

それと必殺封じはやはり至高。

ラウンド5の驚きを書くために一番の山場はラウンド4と書きましたが…必殺封じ要員がいなければラウンド5が一番の山場になると思います。…いうて私は必殺封じしていても相手の必殺が来る前に倒せましたが…

使えるなら特攻で、かつ必殺封じが入れやすい極体パーティ復活戦士パーティが有効だと思います。

技パーティはというと…会心に賭けられるならいいんじゃないかなと思います。極技の必殺封じ要員は思いつきませんが…

 

今引く気はなくても、いつかバーダックを引けた時のために、メダル集めはしておいてもいいかもしれませんね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!