ひめかわのブログ

スーパードラゴンボールヒーローズ、ドッカンバトル、Fate/Grand Orderについて書いていこうと思います。

【スーパードラゴンボール】6弾SECの大神官を考察してみよう【ヒーローズ】

ベジット、ブウの考察と続き、

himeka.hatenablog.com

himeka.hatenablog.com

今回は大神官です。
f:id:yumajunsa:20170916160245j:image

効果は1回きりですが、上がるパワーはなんと30000。
パワーを上げるというとまず候補に上がるターブルやボーン将軍、不屈の戦いユニットがありますが、
f:id:yumajunsa:20170916160458j:image
f:id:yumajunsa:20170916160504j:image

f:id:yumajunsa:20170916160512j:image
ターブルは6回受けなければ30000上がらず、ボーン将軍は6回アタックエリアに出す必要が…できないですね。不屈の戦いユニットでパワーを30000上げることは可能ですが、エナジーを10個貯めてから使う必要があります。ターブルの6回攻撃を受けるというのも危険な綱渡りだったりします。

それに、妨害にもある程度強い点も見逃せません。SPが発動するタイミングはロックオン直前という事で、ホイの影響を受けません。
f:id:yumajunsa:20170916160654j:image
それにこのカードは、これを軸にして戦うデッキを作れるようなポテンシャルを秘めていると言えます。
こんな構築だとしましょう。

構築画像
ターブルデッキはウーブor底知れぬ戦闘力で決まったラウンドに戦闘力とエナジーを稼ぐことに依存しやすいですが、大神官デッキの場合はDr.ミュー+ヤムチャと2枠使う代わりに好きなラウンドに攻められるという利点があります。それにウーブや底知れぬ戦闘力で30000出すのも至難の技ですし。

さらにこのカードは出張カードとしての可能性もあると言えます。1枠余った場合に入れれば、好きなラウンドで味方全員のパワーを+30000し、一気に攻め切る事が可能となります。3枠使いますが大神官、Dr.ミュー、ヤムチャの3枚を出張させてもおもしろいかもしれません。

 

ただ、弱点も少なからず存在します。
まず挙げられるのはSPカードという点。6人扱いになるのでスーパーベビー:トランクスが相手にいればこちらの耐久はガタガタになります。

f:id:yumajunsa:20170916160721j:image
それにおそらく効果が1Rしか出ないと思うのですが、この点も弱点と言えましょう。ターブルデッキの場合は上がったパワーが永続なのでウーブや底知れぬ戦闘力を使ったラウンドで攻めきれなくても、次のラウンドで上がったパワーを使って攻めきれる場合がありますが、こちらは攻めきれなかった場合はそこで終わりです。
あとはタイミングの都合上妨害にある程度強いと書きましたが、そのタイミングのせいでターブルや不屈の戦いユニットでは可能な、ウーブや底知れぬ戦闘力の効果を爆発させる事ができません。なので先ほどのデッキではヤムチャを採用しているわけですが。

 

こんな事を書くのもなんですが、あのターブルであろうと弱点は少なからず存在するのですが超高評価を受けているわけであり、それを考えればこのぐらいのデメリットは仕方ないかなとも思います。

 

【入れるならどんなデッキ?】
1枠余ったら入れる、Dr.ミューやヤムチャと共に出張する、このカードを軸にしてデッキを組むなど様々な活躍をする事が可能になります。
ただ、ターブルデッキや不屈の戦いユニットデッキ等のパワーを爆発するデッキに入れてもあんまり活躍できないかな、と思います。

 

【デッキ構築一例】

f:id:yumajunsa:20170916201836j:plain

 大神官デッキです。Dr.ミューを採用しているので2R以降なら好きなラウンドで勝負できます。Dr.ミューで戦闘力が30000上がるのでトランクスの異次元からの使者も発動させやすいでしょう。タイムパトロール+シャンパを抜き火力要員を増やしたり、防御要因を入れたりと、ここからもさらに改造できます。

 

このカードはSPタイプの中でも一際強力な、大当たりカードと言えるでしょう。立場的には全王様より下ですが、このゲームでは上を行く存在かもしれませんね。